名張西高校:情報科:専門科目

専門科目

 専門科目では、「ものづくり」をしていく中で自ら課題や問題を見つけ、それを論理的に解決していく力や応用する力を身につけます。そうして身につけた応用力は、専門科目だけではなく理数科目にも活きます。

専門科目イメージ

clear_image500_030.gif

進路実現に対するアプローチ



各科目について

 情報科で受ける科目は、「工業系専門科目」、「理数系専門科目」、「英語系専門科目」、「普通科目」に分けられます。ここでは、情報技術を学ぶ「工業系専門科目」について簡単に説明します。
 情報技術を学ぶと一言で言っても、その分野は多岐にわたります。コンピュータ本体や周辺機器などのハードウェアのこと、アプリケーションやプログラム作成などのソフトウェアのこと、インターネットやLANなどのネットワークのこと、社会での情報技術のあり方・倫理など。それらを「ものづくり」というフィルタを通して学んでいきます。具体的には次に示す科目の中で、情報技術を身に付けていきます。


1年生

情報技術基礎(週2時間)
 コンピュータに関する基礎的な知識・態度・技術を幅広く習得します。

プログラミング技術(週2時間)
 プログラム作成に必要なアルゴリズム・C言語を学習します。

工業技術基礎(週2時間)
 実習を通して、情報に関する技術の他、ものづくりの基礎も学びます。



2年生

ソフトウェア技術(週2時間)
 ソフトウェアについてより深く学びます。

ハードウェア技術(週2時間)
 ハードウェアについてより深く学びます。

実習(週2時間)
 様々な実習を通して、情報技術の応用力を磨きます。



3年生

課題研究(週2時間)
 テーマ別に分かれて、生徒自ら考え創造し、作品づくりに取り組みます。作品を発表する機会もあり、情報科が最も重視している科目です。

実習(週2時間)
 様々な実習を通して、情報技術の応用力を磨きます。



3年生(選択科目)

情報システム(週3時間)
 データーベースなどの情報システムの開発や設計について学びます。

情報リテラシー(週2時間)
 ワープロ・表計算技能やイラスト作成技術の更なる研鑽を積みます。

コンピュータシステム技術(週3時間)
 マルチメディア技術やコンピュータシステム開発について学びます。