名張西高校:学校長より

校長のブログ 

平成28年03月01日(火)
平成27年度卒業式を挙行しました。
 本年度は名張西高校の1~3年生がそろう最後の年度であり、また、学級数の関係から1~3年生の全生徒が体育館での式に出席可能であり、全生徒が出席しての、おそらく最初で最後の卒業式でした。やはり出席する生徒が多いほど校歌の歌声も大きくなり、感銘を与えるものになったのではないかと思います。
 今年度は、新聞等でも報じられていますが、地元の青蓮寺百合が丘地域づくり協議会の方々が卒業を祝って校門を出たところのバス停前に「おめでとう」の花文字を作って、卒業生を祝っていただきました。
 人に受け入れられることが、人間の幸福の大きな条件だと思います。卒業生の皆さんには自分たちが祝福されて社会の一員として存在していることを是非意識して、これからの人生を胸をはって生きていってほしいと思います。

卒業式

校長 加藤 幸弘(かとう ゆきひろ)


平成28年02月03日(水)
 2年生公開人権ロングホームルームを実施しました。
 調べ学習、プレゼンテーションを含めた人権学習を、電子黒板設置後はじめて実施しました。設置したばかりの電子黒板ですが、いくつかのグループは積極的にこれを用いてプレゼンを行っていました。生徒の皆さんがこういった新しい機器には親しむ早さには、本当に驚かされます。学習が効率的に進むとともに、生徒間での情報共有も深まりが期待できます。
 今後は、授業や他のホームルーム活動等でも、こういった機器の活用が広がっていくことでしょう。

人権LHR

校長 加藤 幸弘(かとう ゆきひろ)


ページ
8へ