名張西高校:学校長より

校長のブログ 

平成28年05月17日(火)
 平成28年度が始まり1ヶ月以上が経過しました。毎朝の始業前には名張西高校の校歌が、昼休みの終わりには名張青峰高校の校歌が放送で流れる毎日です。
 1年次生の部活動への加入率がまとまりました。98.0%という、まれに見る高加入率です。1人で2つの部等を兼ねている生徒もいますので、その分を差し引いたとしても、非常の多くの1年次生が部活動に加入しました。多くの部等で部員数が増え、活動が活発になっています。一部の部では、名張桔梗丘高校との合同チーム・合同練習も始まりました。そのための生徒移動用バスが週5回両校間を運行しています。
 部活動と勉学との両立はたいへんです。また、2・3年生にとっては、3つの学校の合同活動という部もあり、運営に苦心することもあるかと思います。が、学力と社会性の両方を身に付けるため、多くの生徒には、ぜひとも部活動と勉学の両立を目指してほしいと思います。

部活バス

校長 加藤 幸弘(かとう ゆきひろ)


平成28年04月08日(金)
 名張西高校2・3年生1学期始業式と、名張青峰高校開校式・第1回入学式を挙行しました。
 いよいよ、この高台の校舎に名張西高校と名張青峰高校の生徒がともに学ぶ年度がスタートしました。
 4月1日付けの新聞に掲載された教職員異動をご覧になられた方もおられるかと思いますが、私を含む10人の教員が名張西高校から名張青峰高校へと異動しました。同時に、名張青峰高校の教職員全員が名張西高校を、名張西高校の教職員全員が名張青峰高校を兼務することが発令されました。すなわち、名張西・名張青峰高校のすべての教職員が両校の生徒の指導にあたります。
 さらに、教科や部活動の指導の関係で、名張西・名張青峰高校の教員の一部が名張桔梗丘高校を、名張桔梗丘高校の教員の一部が名張西・名張青峰高校を兼務します。
 関係する教職員が密接に連携しながら、名張西高校のますますの充実と、新しい名張青峰高校の順風満帆の船出を図っていきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

開校式 開校式

校長 加藤 幸弘(かとう ゆきひろ)


ページ
10 9へ